今回はラブドールの色移りを落とす方法や原因、色移りを落とすためにやってはいけないことなどをお伝えします。

色移りを落とす方法!

ラブドールの色移りを落としたいなら、購入した際に付属品として「色落としクリーム」が付いてきます。

なので、色移りしてしまった場合は先ず、付属の色落としクリームを色移りしてしまった箇所に塗ることをオススメします。

ただ、購入したラブドールに専用の色落としクリームが付いていなかった場合は、革靴の色落としクリームを使用しましょう。

色移りを落とす際に絶対にやらないほうがいいこと

ラブドールの色移りを落とす方法として、絶対に用いないほうがいいのは、「漂白剤」です。

確かに、漂白剤は色を落とす効果がありますが、効果が強すぎて、ラブドールの地色まで落としてしまうのです。
そうなってしまうと、修正は不可能となってしまうので、漂白剤は使わない方が良いですね

ラブドールに色移りする理由

ラブドールに服を着せたりすると、色移りすることがあるのは、ブリード(樹脂)が関係しています。

ラブドールの素材は基本的に植物性なので、身体から多少のブリードが発生しています。これが原因で、色の濃い洋服などを着せていると、色が身体に移ってしまうことがあるのです。

色移りする時間

色移りしてしまう時間は正確には分かりませんが、早い場合で数時間、遅い場合で2~3日で色移りします。

色移りの速度が早くなってしまう原因は、

・気温が高い時期や場所
・湿気が多くてべたべたしている
・色の濃い服を着せている
・密着度の高い衣類を着せている

などです。

気温が高かったり湿気でべたべたしている時期や場所だと、ラブドールのブリードが通常よりも多く出てくるので、色移りの速度が早くなってしまうというわけです。

簡単に言えば、人間でも、汗をかいた場合は汗で白のTシャツが黄ばんだりしますよね。あれと似たような感覚です。

また、色の濃い服ほど色移りしてしまう可能性が高まりますし、ラブドールへの圧迫が強いヒモ系の下着などを着せていると、すぐに色移りしてしまうでしょう。

ある程度、色移りするかどうか?の基準になるのは、服の生地を見れば分かります。
例えば、綿が100%だった場合は、色移りする可能性や、色移りする時間が早かったりします。

逆に、ポリエステルなどは色移りしづらい特徴があるので、ポリエステルのほうが割合的に高い生地の服を選べば、色移りの心配は減りますね。

とにかく、ラブドールを使用しない時間はなるべく、服を脱がせておくことをオススメします。

逆に制服などといった白色の服を着せている場合は、色移りしづらいでしょう。ちなみに私も1週間以上、白色の制服をラブドールに着せていますが、全く色移りしていません。

もし、ラブドールに服を着せておきたいと言う人は、中にラップを敷けばいいと思います。
ラブドールにラップをまけば、色移りする可能性0%ですので!!

まとめ

肝心なのは、色移りしてしまった場合は一刻も早く落とすことです。出ないと、完全に落とすことが出来なくなるってこともありますからね。

まだラブドールを購入していない人は、いざ色移りしてしまった場合にテンパってしまわないように、初めから色落としクリームが付属品としてついてくる正規のラブドールを購入するといいと思います。

お手頃価格でキュートなラブドールをお探しなら「Kiss Doll」

 

キスドール(Kiss Doll)は、20~30万円と比較的に安い費用でラブドール(ダッチワイフ)を購入することができる業者です。

TPE素材を取り扱うことで

・人間のような肌
・安価
・シリコンよりも高い耐久性

これらを実現しています。
ちなみに私もKiss Dollでラブドールを購入しましたが、初めは「人間の肌?」と驚いたほどです。

また、「2年以内に破損したら特別価格で交換可能」というラブドール初心者にはありがたい保証まで付いています。

さらに、キャンペーン中に購入すれば、10万円前後値引きされます。(現在、キャンペーン中のようなのでお早めに!)

お手頃価格でリアルなラブドールを購入したい方は、キスドールに問い合わせてみましょう。

⇒キスドール(Kiss Doll)公式ページ

⇒キスドール(Kiss Doll)詳細ページ