冷たくなったラブドールを温める方法とやってはいけないこと!

もちろんですが、ラブドールには人間のように血が通っていません。

なので、冬などは冷たくなります!
ラブドールが冷たいと、添い寝したりエッチする気もなくなりますよね。

ということで今回は、冷たいラブドールを暖める方法をお伝えいたします。

電気毛布

個人的にラブドールを暖める方法で最適なのは電気毛布ですね。

・電気毛布を巻くだけで済む
・数分巻いていれば勝手に温まる
・毛布で暖めているだけなので、ノーダメージ

これらの理由から、ラブドールを暖める方法として一番良いのは電気毛布を利用することだと思います。

お風呂に入れる

次にお風呂にいれて暖める方法がありますね。

ラブドールと一緒にお風呂に入りたいという願望を持つ方もいらっしゃると思いますが、お風呂は一緒に入って楽しめる+ラブドールの体を暖めることができるので、冬などだと一石二鳥ですね。

ただし、お風呂に入れる場合はヘッドの部分を濡らさないようにしましょう。特に目や、ヘッドとボディのつなぎ目ですね。

ラブドールはお風呂に入れる方法と注意点をいくつか紹介!

暖房・こたつ

部屋の暖房が効いていれば、ラブドールもある程度、暖まります。

こたつの中でもいいですね。ただしこたつの場合は、近づけすぎると、ラブドールの物質が変化してしまう場合があるので注意です。

ストーブやヒーター、コンロはNG!!

ストーブやヒーター、コンロで暖める場合が細心の注意が必要となります。

何故ならラブドールをストーブやヒーター、コンロに近づけすぎると、ラブドールの体が溶けてしまうからです!

特にTPE素材は熱に弱く、100℃を超える熱をあててしまうと溶解しだすので、極力、ストーブなどで暖めるのは避けたほうがよさそうですね。

100℃以下でも変化する可能性がありますし、ラブドールなので一度変化してしまうと再生するってことも無いので、個人的にはやめておいたほうがいいと思います。

まとめ

以上がラブドールを暖める方法でした。

個人的には、電気毛布で暖めるのが一番いい方法と思います。

特に冬は冷たくなるので、暖めて添い寝して癒されましょう。

お手頃価格でキュートなラブドールをお探しなら「Kiss Doll」

 

キスドール(Kiss Doll)は、20~30万円と比較的に安い費用でラブドール(ダッチワイフ)を購入することができる業者です。

TPE素材を取り扱うことで

・人間のような肌
・安価
・シリコンよりも高い耐久性

これらを実現しています。
ちなみに私もKiss Dollでラブドールを購入しましたが、初めは「人間の肌?」と驚いたほどです。

また、「2年以内に破損したら特別価格で交換可能」というラブドール初心者にはありがたい保証まで付いています。

さらに、キャンペーン中に購入すれば、10万円前後値引きされます。(現在、キャンペーン中のようなのでお早めに!)

お手頃価格でリアルなラブドールを購入したい方は、キスドールに問い合わせてみましょう。

⇒キスドール(Kiss Doll)公式ページ

⇒キスドール(Kiss Doll)詳細ページ