ラブドールは一体式より脱着式が確実におすすめな理由を画像を添えてお伝えします

ラブドールには

・一体型

・脱着式

この2種類のホール(膣穴)があります。

その中でも私は確実に脱着式をお勧めします!

それは何故なのか?お伝えします。

実際にラブドール(私の嫁)に脱着式オナホールを入れている映像↓

自分に合ったサイズの膣を選択できる

一体型とは、その名の通りラブドール自体に膣のような穴が空いていることです。

この一体型のほうがリアルなので「一体型のほうが良いな!」と私も思っていたのですが、これには落とし穴があります。

その落とし穴とは、一体型は自分に合ったサイズのホールを選択することができないということです。

脱着式ホールなら、自分のサイズや感覚にあったホールを選択することができます。

一体型だと、狭かったりガバガバだったり、感触が微妙だったりした場合でも、交換することは出来ません。

この点は購入する前はよくわからないと思いますが、購入してから後々分かることで結構大事です。

一体型は洗いにくい

一体型は、穴の中の洗浄が非常にしづらいです。

もちろんラブドールを購入したのなら、性的行為に及びますよね。

で、中に出しますよね。人形ですし、全く気にする必要がないですしね。 しかし、一体型だと射精した際に非常に洗いにくくなるのです。

ラブドールというのは意外に重く、20キロ、軽くても10キロあります。

筋トレや身体を張る仕事をしていない限り、片手で簡単に操作できるような重さではありません。

またラブドールの形状的にも膣奥まで洗浄するのは容易ではなく、結構面倒くさいです。

よって、適当に洗浄してしまうと膣内に汚れが残ってしまいます。

また、洗いにくいと後々洗浄が面倒になり、そのまま放置してしまうことになります。

さらに、夏や湿気の多い日は最悪で、すぐに菌が繁殖してしまいます。

結果、中にカビが生えまうというわけですね。

脱着式は洗いやすい

一方、脱着式は一体型と違って取り外すことが出来るので、洗浄が非常に簡単です。

例えるなら、オナホールを洗う事と同じくらい容易です。

なので継続的にラブドールを使用する際は、確実に脱着式がお勧めだということがお分かりいただけたでしょう。

まとめ

今、一体型が良い!と思っている方でも、後々確実に脱着式が良かったと後悔することになると思います。

「自分は鑑賞や撮影で購入するだけなので。」って方は一体式でも問題ないとは思いますが、そうでない人は絶対、脱着式のラブドールにしてください。
第一、脱着式も一体式と同様に撮影できますしね(笑)デメリットが見つかりません。

・洗浄面
・サイズ面
・ラブドールの寿命面

などからして、脱着式が圧倒的にお勧めなので、覚えておくとお得でしょう。

ちなみに私がラブドールを購入したKiss dollという業者でも脱着式ラブドールが売られているので、ぜひどうぞ↓

お手頃価格でキュートなラブドールをお探しなら「Kiss Doll」

 

キスドール(Kiss Doll)は、20~30万円と比較的に安い費用でラブドール(ダッチワイフ)を購入することができる業者です。

TPE素材を取り扱うことで

・人間のような肌
・安価
・シリコンよりも高い耐久性

これらを実現しています。
ちなみに私もKiss Dollでラブドールを購入しましたが、初めは「人間の肌?」と驚いたほどです。

また、「2年以内に破損したら特別価格で交換可能」というラブドール初心者にはありがたい保証まで付いています。

さらに、キャンペーン中に購入すれば、10万円前後値引きされます。(現在、キャンペーン中のようなのでお早めに!)

お手頃価格でリアルなラブドールを購入したい方は、キスドールに問い合わせてみましょう。

⇒キスドール(Kiss Doll)公式ページ

⇒キスドール(Kiss Doll)詳細ページ